CAM Counter
トップ 提案先/使用シーン 製品概要 お問合せ
「CAM Counter」アップデートのお知らせ
~ 高齢者の嚥下状態を把握し、誤嚥性肺炎の防止に役立てる ~
2018年8月1日:
コンピュータ・ハイテック株式会社(本社:東京都台東区、代表取締役:田口 和利)は、東京歯科大学 特任教授の石上 惠一氏と共同開発した
咀嚼カウンター「CAM Counter」のアップデート版を、本日より発売いたします。
今回のアップデートにより、嚥下の状態を把握する機能が追加されました。
「CAM Counter」アップデートの背景 ~高齢者の肺炎の7割以上が誤嚥性肺炎~
「CAM Counter」は、咀嚼の回数・テンポ等のデータを分析・活用できるツールとして開発され、現在、各方面にてご活用いただいています。
一方、摂食・嚥下トータルとして見た場合、嚥下の状態を把握することは、今日の社会問題ともなっている高齢者の誤嚥性肺炎を防止する
意味でも、重要な要素となっています。

厚生労働省によれば、我が国の死亡率として肺炎は上昇傾向が続き、2011年には脳血管疾患を抜いて第3位となっており、その肺炎患者の
約7割が75歳以上の高齢者となっています。 更には高齢者の肺炎の内、7割以上が誤嚥性肺炎と報告されています。
(平成28年9月 厚生労働省 在宅医療及び医療・介護連携に関するWG資料より)

これらの背景から、今回、「CAM Counter」のセンサーの適用箇所の追加と、新機能の搭載や感度調整機能を含むアップデートにより、
嚥下状態の把握にも寄与できるツールとして、活用の幅を広げました。
被験者の負担が少ない専用センサーにより、簡便に咀嚼や嚥下状態を把握可能
従来、咀嚼や嚥下状態の確認には、筋電センサー等を用いる方法がありましたが、高額且つ、大掛かりで、被験者の負担も考慮する
必要がありました。

「CAM Counter」に用いられる専用センサーには、人体に影響の少ないシリコンゴムを使用しており、被験者の負担は極めて少なく、
「簡便に咀嚼や嚥下状態を把握することが可能です。
今回のアップデートにより、これまでのご活用いただいている歯科・医科等の医療関係者に加え、摂食・嚥下に関する医療関係者にも、
幅広くご活用いただくことを目指しております。


※本製品は研究用機器です。
※特許出願中
※受注生産品のため、価格・納期等についてはお問い合わせください。