CHT
コンピュータ・ハイテック株式会社
会長ブログ
ご挨拶

当社はHITO(人)システムをモットーに、人に役立つ、人のためになるシステムを、自ら考え、開発して、販売することを主体として独立系の会社として設立しました。

30年に及ぶ長い間、数々の試練を乗り越え社員・役員は一体化して、今日にいたりました。

システムの開発にあたっては、信頼性を重視してお客様や社会に貢献できるシステムを提供しています。

当社は「流通システムのFLUSH」や「LinuxネットワークのeBoss」「ファイル共有のTeamFile」「省エネのSmile-One」等を自分たちで考え開発しました、販売も好評でさらなる発展に努力をかさねています。

最近では、高度のセキュリテイシステムである総合型入退室管理を販売・納入しています。

当社の根幹である技術基盤では、Webの基盤技術、流通業務関連ノウハウ、画像処理、ネットワーク、ハードウエア開発を提供しています。

また、業務分野では流通、Web、生産、医療・健康等に独自の得意分野を持った社員で構成されています。

コンピュータ・ハイテックは社員が生き生きとした仕事で、明るい職場を持ち、常に技術を追求して、市場と顧客に評価されるよう、努力をしています。

社員には毎日が楽しくなるよう、自由闊達な会社であるようにしています。

お客様には品位あるシステムや商品を提供してまいります。

これからも、皆様にさらなる、ご支援とご協力をお願い申し上げます。

社長
大きな夢を(2017/02/13)


日本が停滞して、なかなか新しい産業や技術が出てこない、世界に負けない底力を持っているのに残念なことです。

もっと、若い人が失敗を恐れずにチャレンジして海外に出て欲しいものです。

日本から世界の動きを抑えて、技術の標準とか規格の発信をして産業の革新をリードしたいものです。

しかし、現状では若い研究者や技術者が新しいアイデアや独自の技術を大手の企業や所属の会社に提案しても、取り上げられず、仕方なくアメリカでベンチャーキャピタルの支援を得て、起業している例は結構ある。

日本のほとんどの大手サラリーマン社長では、リスクを考え決断が出来ないのが、嘆かわしい。

新しい芽を育てる、環境を真剣に考えないといけないと思います。


私も是非に、ほんの少しの応援ならしたいと考えています。・・・あまり資金がないので


何時も、社内で手を上げて提案をしてくれる、人材を待っているのですが、なかなか出てこない。

日常の仕事で発想が出ないのか・・・・残念です。


そこで考えました、若い技術者が挑戦できる環境を提供して行き、興味を喚起したい。


何時の時代も革新は20代の人から出て来ているのだから、大いに奮起して貰いたい。

私も若手に負けず挑戦をして行きます。今は、高齢者で青春が続いているバリバリの技術屋と新しい商品を準備しています。


成功するかしないかかは、情熱と行動で決まると思ってます。


青春は年齢でなく、精神のあり方です。


言葉より行動や成果で、若手を刺激して行きたい。



楽しくなってきました。


頑張ります。