RoVoIP(ロボイプ)
Pepper向け VoIPミドルウェア
pepper2
RoVoIPを活用すると、IP電話としてPepperを利用できます。
◆はじめに
Pepperの頭のマイクと耳のスピーカを活用して、PepperをIP電話として利用することができます。 ロボットが電話になるという、斬新さ、面白さをご体験頂けると思っております。 このところ、「観光案内、商品案内、館内案内、インバウンド関連等々」の端末として Pepperを活用しているシーンを多く見かけるようになりましたが、 それらにIP電話機能を追加することにより、更に便利なものになると考えております。
◆RoVoIPの概要
pepper1
①通話制御通信(SIP、RFC3261、RFC3264、RFC4566)
・rport対応(RFC3581)
・NAT越え向けCRLF keep-alive(RFC5626)
②音声通信(RTP, RFC3550)
・コーデック: G.711 μ-law(RFC3551)
③PBXは、楽天コミュニケーションズのCloud PBX「Open Gate 」対応
④PepperのOS Ver.2.4.3(Pepper for Biz)で動作
⑤お客様のご要望によるカスタム開発にも対応します
◆カタログはこちらから。
※製品名は各メーカの商標または登録商標です
※ソフトバンクロボティクスのPepperを活用し、自社が独自に実施しているものです

※コンピュータ・ハイテックはPepperの代理店契約を締結しています。

◆接続イメージ
RoVoIPdemo