江戸の町は完全な自治といっていいのでは?

幕府の役人は200人程度の同心と与力で町方の治安を保っていました。
ほぼ完全自治社会が町人文化を支えていたようです。

各町内ごとに自身番や木戸番、鳶頭などが外部侵入者や町内の犯罪を見張り、費用は地主や家主が負担、町内の取りまとめをしていました。
殺人や強盗などの凶悪犯罪は皆無であったのが通常でした。

街中は世界一清潔で、一般庶民も読み書きができて、文化度もこれまた世界一と江戸に滞在した外国人の報告があります。
現在の犯罪の多さから比べると日本人の民度(人の品質)は江戸時代が抜群に高かったのかもしれません。
海外の都市は人糞が至る所で散乱していて不衛生でした。
フランスパリや中国上海などは勇名です。
それでも、日本は外国に比べると世界で一番治安が良いと思います。

私たちは誇りを以って、日本の国を世界にアピールして行きたいものです。