コンピュータ・ハイテック株式会社は、提案型のITシステムメーカーです。HITOシステムの概念に基づき、自ら考え、自ら開発し、自ら販売します。

IoT関連

電源・電池なし でLTE通信モジュールを動かすIoTのご提案

◆はじめに

エナジーハーベスト(環境発電)から、キャパシタにて電力を溜めて、LTE通信(sakura.io)モジュールを動かしました。

■資料(右クリックで保存して下さい)
電池・電源なしでsakura.ioモジュール(LTE)を動かすIoTのご提案(PDFファイル 566KB)

 

◆デモキットのご紹介

sakura.ioモジュールが1回送信完了する電力を溜めるのに必要な時間(参考値)。

  • 屋外。晴天時。太陽光パネル(単結晶)
    太陽光パネル①:30分
    太陽光パネル②:5分
  • 屋内。蛍光灯。太陽光パネル(多結晶)
    太陽光パネル③:明るい場所24時間、普通の場所:50時間

※sakura.ioに必要な電力量は約40ジュール(約11mWh)

 

◆キャパシタのメリット(vs 電池)

  • 物理現象でエネルギーを溜める素子のため、半永久的に動き、交換不要。
    ※電池は、化学変化のたびに劣化していき寿命がくる。
  • 危険な化学物質を使用していないので安全。
  • 温度性能が高い。
  • 瞬時供給能力が高い。

※デメリットとしては、大容量は難しい。

 

◆sakura.ioとは

  • LTE網利用のため、データの秘匿性が保たれる。
  • 設定不要。電源入れたら接続。
  • 通信費用は、なんと、月60円。 ※5分に1回送信の場合。
  • モジュール費用は、8,000円。
  • IoTの小さいデータを送信するのに適している。

※詳細は、https://sakura.io/ をご覧ください

 

 

◆ターゲット分野

屋外環境で、今まで電源・電池の問題で設置が難しかった用途や、送信タイミングが長時間の用途

 

◆最後に

「御社のアイディア・商品」 + 「CHTの技術」を組み合わせて
一緒にビジネス展開をしませんか!

 

お問合せはこちらをクリック

PAGETOP
Copyright © コンピュータ・ハイテック株式会社 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.